クレジットカードは後払い

クレジットカードは後払い方式のシステムを使っています。これと反対のシステムは前払い方式ですが、これは電子マネーなどで使われている仕組みです。前払い方式は利用する前にお金をチャージ(入金)して使います。入金した範囲でしか利用できないので、審査も不要となります。

クレジットカードの仕組みは、後払いなので一時的にクレジットカード会社がカード加盟店に立て替え払いをします。そのためカード会員が支払い完了するまではクレジットカード会社にリスクがあります。このリスクをなるべく少なくするために、クレジットカードの発行には審査が伴います。

クレジットカード会社は加盟店とカード会員の双方から手数料を取っていますが、カード加盟店への手数料はシステム使用料的な意味があります。カード会員への手数料はリボ払いや分割払いを利用するときにかかります。これは法律的には「期限の利益」と呼ばれています。支払いを分割にすることで支払期限を延ばしているのでカード会員に利益が生じています。この利益に対する手数料という意味があります。

クレジットカードの後払いの仕組みは、ショッピングクレジットやオートローンと同じ仕組みです。直接お金を借り入れする場合は後払い方式ではありませんが、立て替え払いが生じるすべての仕組みは後払い方式と呼ばれています。

クレジットカードの達人でもっとクレジットカードのことを調べてみましょう。